HOME -> 治療に使われる詰め物(インレー)と被せ物(クラウン)の種類

治療に使われる詰め物(インレー)と被せ物(クラウン)の種類

素材には「保険適用」と「自費診療(保険適用外)」に分けられます

保険適用の素材

保険適用で使われる素材は、金・銀・パラジウムの合金がほとんどです。
奥歯には銀を使用し、前歯には金属の表面に特殊なプラスチックを付けて白く見せる
治療を行います。
保険は「話す」「食べる」といった日常生活に支障がでないように、歯を保護するための
治療を行うため「見た目を美しくする」「自然な感じにする」といったことは考慮されていません。
保険が適用されるので、かかる費用が少ないことが一番のメリットです。

保険診療で使用される素材のご紹介

自費診療(保険適用外)の素材

耐久性・見た目・生体親和性・噛む力の強さなどを考慮した、セラミックやゴールドなどの
素材を使った治療が可能です。
そのため「銀歯は目立つのでイヤ」「差し歯を気づかれたくない」「長持ちするものが良い」
「金属アレルギーが心配」といった要望にも対応できます。

歯科技工士が、精密で天然歯のような色調の被せ物を作成してくれます。
これらの手間と時間、素材の原価、保険が適用されないことが費用に反映されます。

自費診療(保険適用外)で使用される素材のご紹介

素材の耐久性が歯の寿命に影響します

素材の耐久性も重要なポイントになります。
被せ物や、詰め物の劣化や変色が進むと、歯との隙間ができ、
そこから虫歯になって、再治療が必要になってくることがあります。

被せ物や詰め物は、何度でも作り直すことができますが、
歯は治療を繰り返すたびに削られ、寿命が短くなります。
素材の耐久性は、歯の寿命にも影響するのです。

最終的に歯の治療ができなくなると、その歯は抜くしかありません。
そして、ブリッジや入れ歯、インプラントなどの治療が必要になってきます。

耐久性のある、セラミックなどの素材は、定期的な健診とお手入れを行うことで、
歯と被せ物、詰め物を長持ちさせることができます。

金属アレルギーは口の中でも起きます

虫歯などの治療で使われた、詰め物や被せ物の金属が、唾液や食べ物、細菌が出す酸などの様々な影響でイオン化し、溶け出すことで起こります。
症状としては口内炎、口唇炎、舌炎、味覚異常など、口の中の症状だけではなく、アレルゲンが唾液を通して血液に流れこみ、全身に運ばれて体に症状が現れる場合もあります。

今の日本の保険診療では、詰め物、被せ物、土台の素材は金属を使用します。部分入れ歯を固定するためのバネも金属です。

女性が水を飲んでいる様子

金属アレルギーの方は、金属を使わない素材を使った治療を行う必要があるのです。
最近では、金属アレルギー対策として、過去に治療した詰め物や被せ物を、
セラミックに変える方も増えてきています。

保険診療と自費診療の素材、どちらを選ぶべきか?

花園駅前ハシモトデンタルオフィス スタッフの画像

「耐久性」「見た目」「費用」など、使用する素材によって異なります。
カウンセリング時に、患者様のご要望をしっかりお伺いしたうえで、
患者様に合った、より良い素材をご提案いたします。

無料ご相談窓口はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料ご相談窓口

花園駅前ハシモトデンタルオフィスでは、歯に関するご相談を受け付けております。
担当スタッフがお電話にて誠実にお答えしますので、治療への疑問や、歯のお悩みなど、お気軽にご相談ください。

ご入力頂いた個人情報は、ご返答以外の目的で利用されることはありません。
必要項目を入力し「入力内容を確認する」ボタンを押してください。

お問い合わせ項目
(複数選択可能)
ご相談内容
お名前 必須
例)たなか いちろう
メールアドレス 必須
例)toiawase@hdo.jp(半角英数)

※間違ったメールアドレスをご入力されますと、確認メールが届きませんのでご注意ください

携帯・スマートフォンのアドレスで、迷惑メール対策などの受信制限を行っている場合は「@hdo.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いいたします

電話番号 必須
例)0921231234
電話連絡のご希望時間帯
例)平日の午前中、土曜日の13:00ごろ

診療時間内(月~金曜・日曜・祝日/9:00~18:00、 土曜/9:00~13:00)にお電話させて頂きますので、ご希望の時間をご入力ください