HOME -> 自費診療(保険適用外)で使用される詰め物・被せ物の素材

自費診療(保険適用外)で使用される詰め物・被せ物の素材

ジルコニアセラミッククラウン(被せ物)

内側は白くて硬い「ジルコニア」を使用し、外側は見た目の良い「セラミック」を
使用した新しい素材で、「強度」と「見た目」の両方を兼ね備えた被せ物として、
近年普及が進んでいます。

人工ダイヤモンドとして知られている「ジルコニア」はセラミックの一種で、
金属よりも高い強度を持っています。
また、人工関節などの医療用素材としても使用されており、身体に馴染みやすく、
金属アレルギーの心配もありません。

長所
  • 強度が強いので、奥歯やブリッジ、咬む力の強い方でも使用する
    ことが可能
  • 生体親和性の高い、安全な素材を使用
  • 金属を使用しないので、金属アレルギーなどが起こる可能性が低い
  • 金属よりも非常に軽いので、自然な噛み心地が実現
  • 非常に見た目が良く、半永久的に変色しない
  • 汚れ(プラーク)が付きにくい
短所
  • ジルコニア自体が割れることはほとんどないが、ジルコニアを覆う
    外側のセラミック部分が割れる場合がある
価格 150,000円(税別)/ 保証期間10年

オールセラミック(被せ物)

セラミック(陶器)だけで作る被せ物(クラウン)です。
金属を一切使わないので、天然歯に最も近い色合いが出せます。
唾液の吸収がないため、長年の使用でも変色しにくく審美的に優れています。

(表)

正面から見たオールセラミック

(裏)

裏から見たオールセラミック

(内側)

オールセラミックの内側

長所
  • 非常に見た目が良く、半永久的に変色しない
  • 汚れ(プラーク)が付きにくいので、虫歯になりにくい
  • 金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、
    金属アレルギーなどが起こる可能性が低い
短所
  • ジルコニアよりも強度は劣る
  • 天然歯より堅いので、噛み合う歯を痛めることがある
  • 術者のテクニックによる見た目・持ちの差が出やすい
価格 130,000円(税別)/ 保証期間10年

メタルセラミック(被せ物)

内側は金属で、外側にセラミックを貼り付けた、被せ物(クラウン)です。
内側を強固な金属で補強するので、歯をつなぐブリッジなどに適しています。
唾液の吸収による変色や口臭の心配もありません。

(表)

正面から見たメタルセラミック

(裏)

裏から見たメタルセラミック

(内側)

メタルセラミックの内側

長所
  • 色が歯に似ているので見た目が良い
  • 中身が金属なので割れにくく、ほとんどの部位に使用できる
短所
  • 色調はオールセラミッククラウンに劣る
  • 裏側からは金属が見える
価格 120,000円(税別)/ 保証期間10年

フルジルコニアクラウン(被せ物)

内側から外側まで、ジルコニアだけで作られた被せ物(クラウン)です。
強度が極めて高く、欠けたり擦り減ったりすることがほとんどないため、
噛む力が強い奥歯の治療に適しています。

フルジルコニアクラウンの画像

写真提供:デンツプライ社

フルジルコニアクラウンの内側

3色のフルジルコニアクラウンの画像

長所
  • 金属と同等の強度を持つ丈夫な素材のため、セラミックより
    耐久性がよい
  • 金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、
    金属アレルギーなどが起こる可能性が低い
  • 金属よりも非常に軽いので、自然な噛み心地が実現
短所
  • 色調はオールセラミッククラウンに劣る
  • 歯よりも硬いので、噛み合わせの歯が欠けたり、割れたりする
    可能性がある
  • 前歯には適応できない
価格 80,000円(税別)/ 保証期間5年

セラミックインレー(詰め物)

セラミックインレーの画像

セラミックだけを使用した詰め物(インレー)です。
金属を一切使わないので、天然歯に最も近い色合いが出せます。また、唾液の吸収がないため、長年の使用でも変色しにくく審美的に優れています。

長所
  • 非常に見た目が良く、半永久的に変色しない
  • 汚れ(プラーク)が付きにくい
  • 金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、
    金属アレルギーなどが起こる可能性が低い
短所
  • ジルコニアよりも強度は劣る
  • 天然歯より堅いので、噛み合う歯を痛めることがある
  • 術者のテクニックによる見た目・持ちの差が出やすい
価格 70,000円(税別)/ 保証期間5年

ハイブリッドセラミックインレー(詰め物)

ハイブリッドセラミックインレーの画像

レジン(プラスチック)と、セラミックを混ぜたもので作られた詰め物(インレー)です。
適度な粘り強さを兼ね備えていますので、噛む力の強い方や、歯ぎしりをする方、食いしばりの強い方の奥歯の詰め物としては最も適しています。
仕上がりは保険適用のレジンよりもキレイに仕上がりますが、レジンを含まないセラミックインレーに比べると、透明感に欠け、キレイさも劣ります。

長所
  • 硬すぎず軟らかすぎず、粘り強さがあるためインレー(詰め物)に
    適している
  • オールセラミックよりも柔らかく、周囲の歯にダメージを与えにくい
  • 金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、
    金属アレルギーなどが起こる可能性が低い
短所
  • 素材にレジン(プラスチック)が混合されているため、年数が経つと
    水分などを吸収して変色する
  • オールセラミックより傷がつきやすいため、表面に汚れ(プラーク)
    が付着しやすい
  • オールセラミックより軟らかく、磨り減りやすい
価格 50,000円(税別)/ 保証期間5年

ゴールドインレー(詰め物) / ゴールドクラウン(被せ物)

ゴールドインレー(詰め物)の画像

ゴールドインレー

ゴールドクラウン(被せ物)の画像

ゴールドクラウン

自費診療の場合に使用される「金合金」や「白金加金」などの貴金属で作られた材料です。
金属なので見た目に問題はありますが、フィット(適合)がよく、金属もほとんど
錆びることはありません。
白金加金(PGA合金)は金合金にプラチナを加えたもので、色が銀色に近くなります。
(白金加金は現在、最も良い歯科用金属であると考えられています)

最近は、歯と同じ色をしたセラミックを使うことが多くなってきたので、
金歯を使うことは少なくなってきましたが、実はとても良い材料なのです。

歯科医師の中でも、金歯が一番と思っている人も沢山います。
最大の特徴は、歯に対してのフィット(適合)がとてもいいことです。

顕微鏡でのぞいてみてみると、数ミクロンの適合を達成し、その精度の良さに驚くほどです。
また、歯の表面に硬さに近く柔らかいので、治療が終わった後の噛み合わせの問題も
起こりにくいです。
歯科医師自身が治療を受けるとき、見えない場所に金歯を選ぶことがよくあります。
つまり、プロお勧めということです。

最大の問題は、見た目の悪さです。
昔は、近所のおじいちゃん、おばあちゃんは前歯に金歯がありましたが、
今の時代、見えるところに金歯を入れる事はありえません。
見えるところはセラミックを、見えない場所(特に上の奥歯等)には金歯を使用する
治療方法がオススメです。

長所
  • 金属なので強度が強く、ほとんどの部位に使用できる
  • 天然歯に近い硬さなので、周囲の歯やかみ合う歯を痛めない
  • 歯となじみが良く、適合も良いので、歯と被せ物の隙間から
    できる二次的な虫歯になりにくい
  • 金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、
    金属アレルギーなどが起こる可能性が低い
短所
  • 金属なので見た目が良くない
  • 保険適用ではない
価格
ゴールドインレー 60,000円(税別)/ 保証期間5年
ゴールドクラウン 100,000円(税別)/ 保証期間10年
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料ご相談窓口

花園駅前ハシモトデンタルオフィスでは、歯に関するご相談を受け付けております。
担当スタッフがお電話にて誠実にお答えしますので、治療への疑問や、歯のお悩みなど、お気軽にご相談ください。

ご入力頂いた個人情報は、ご返答以外の目的で利用されることはありません。
必要項目を入力し「入力内容を確認する」ボタンを押してください。

お問い合わせ項目
(複数選択可能)
ご相談内容
お名前 必須
例)たなか いちろう
メールアドレス 必須
例)toiawase@hdo.jp(半角英数)

※間違ったメールアドレスをご入力されますと、確認メールが届きませんのでご注意ください

携帯・スマートフォンのアドレスで、迷惑メール対策などの受信制限を行っている場合は「@hdo.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いいたします

電話番号 必須
例)0921231234
電話連絡のご希望時間帯
例)平日の午前中、土曜日の13:00ごろ

診療時間内(月~金曜・日曜・祝日/9:00~18:00、 土曜/9:00~13:00)にお電話させて頂きますので、ご希望の時間をご入力ください