HOME -> ホワイトニング

ホワイトニング

生活習慣や、加齢などが原因で黄ばんでしまっている歯、コーヒー・タバコ・お茶による着色も、白くすることができます。
ホワイトニングは大きく分けると「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」に分類されます。

オフィスホワイトニング

過酸化水素水を含む薬品を歯に塗ったあと、光を使って活性化させ、色素を分解・無色化していきます。
ホワイトニング剤が高濃度であることと、専門の医療機器を使用するため、即効性が高く、施術したその日から歯の白さを実感することができます。
早く歯を白くしたい方には最適のホワイトニング方法です。

オフィスホワイトニングをしている様子

ホームホワイトニング

ご自身でホワイトニングを行って頂く方法です。
マウスピースを医院で作成し、そこにホワイトニング剤を流し込み、装着して歯を白くしていきます。
安全確保のため、オフィスホワイトニングよりも低濃度のホワイトニング剤を使用しているので、歯の白さを実感するまでに2週間以上の期間を必要としますが、ムラなく透明感のある白さになり、戻りにくいといった特徴があります。根気よく続けられる方にお勧めです。

ホームホワイトニングに使用するマウスピースとホワイトニング剤の画像

デュアルホワイトニング

「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」を併用して歯を白くする方法です。オフィスホワイトニングの長所である「即効性」と、ホームホワイトニングの長所である「持続性」をそれぞれ得ることができるので、目標の白さに到達するまでの時間が短縮でき、効果も長持ちさせることができます。
短期間で白くし、色を維持したい方には、デュアルホワイトニングがおすすめです。

ホワイトニングについての注意事項

  • ホワイトニングの効果には個人差があります。
  • すでに知覚過敏の傾向がある場合、ホワイトニングを行うことで症状が悪化する場合がありますので、ご注意ください。
  • 神経を抜いてしまった歯や、詰め物、被せ物(セラミックや歯科用プラスチックや金属)は自分の歯と違って白くなりません。
  • テトラサイクリン変色歯の場合、軽度であれば効果が得られると思われますが、予想が難しいのでホワイトニングをお断りする場合がございます。

花園駅前ハシモトデンタルオフィスのスタッフの画像

ホワイトニング後に歯の痛みを生じることがありますが、通常は24~48時間で治まります。痛みが強いようであれば、痛み止めを服用頂いても問題ありません。それでも痛みが持続する場合は、当院までご連絡ください。

ホワイトニングを行えない方

体の要因

  • 妊娠中や授乳中の方
  • 無カタラーゼ症、エナメル質形成不全・象牙質形成不全の方
  • 呼吸器疾患のある方
  • 天然ゴムによるアナフィラキシー症の方
  • 18歳未満の方(歯の神経が成長中で薬品の影響を受けやすいため)

歯の要因

  • 欠けたり、亀裂のある歯
  • 消毒薬(虫歯進行止めのフッ化ジアンミン銀の金属塩など)による着色歯
  • 重度の変色歯
  • 知覚過敏(歯がしみるなどの重度の場合)
  • 形状異常歯、矮小歯、多数欠損
  • 矯正中の方

関連する診療メニュー