HOME -> 診療のご案内 -> 親知らずの痛み

親知らずの痛み

親知らずは何故抜かなくてはいけないのか

正しい位置に生え、普通に噛んでいる親知らずは無理に抜く必要はありません。
ただ、親不知は一番奥に生えているため、磨きにくく虫歯・歯周病になりやすい歯です。
十分なケアをしないまま親知らずが生えていると、磨き残しが起こりやすく、歯周病菌や虫歯菌が増加して、親知らずの手前の大切な「大臼歯」を傷める原因になります。

親知らずが虫歯になってしまった場合、一番奥の歯なので治療器具が届きにくく、その後のメンテナンスも難しいので、治療をしたとしても高確率で再発します。
そのため、親知らずが虫歯になったら治療をせずに抜歯をするというケースも多くあります。

最近では顔が小さいと共に顎も小さいので、スペースがなくてきちんと生えてくる人が少ないのが現状です。顎が小さくて横や斜めに生えている親知らずなどは、生えてくる段階で歯肉に炎症を起こしてしまい痛みや腫れることがあります。
また、生えてこようとする力で、他の歯が前に押され歯並びが悪くなる可能性もあります。

これらが、一般的に親知らずを抜いた方がいいといわれる理由です。

このような症状に注意

親知らずの周りの歯肉が腫れている

親知らずの一部が歯肉から出ていたり、生えている方向が悪かったりすると、歯と歯肉のすきまから細菌が侵入して炎症を起こし、歯肉が腫れたり化膿することがあります。

親知らずがしみる、穴があいている

親知らずと歯肉のすき間は、食べカスや汚れがたまりやすいため、手前に隣接している「大臼歯」と共に虫歯になってしまうことがあります。

咬むと親知らずが痛い

親知らずの向きや位置によっては咬んだ時に歯肉に当たって痛みがでることがあります。

その他

親知らずの向きや位置によっては手前の歯が圧迫されて歯並びが乱れてくることがあります。

親知らずの治療の流れ

親知らずの状態を確認

問診、触診、レントゲン撮影を行い、親知らずの生えている状況(生え方、根の状況等)を確認し、撮影したレントゲン写真の説明をします。
この際に抜歯をした方がよいかどうか、また、当院で抜歯可能かどうかを判断します。

レントゲン撮影をしている様子

抜歯当日

歯ぐきの腫れや、痛みが治まったことを確認してから抜歯を行います。
麻酔をした後に歯を抜きます。抜歯後は薬が処方されます。処置の時間は、通常の抜歯は30分程度、埋まった親知らずの場合では1時間ほどかかります。

抜歯後の注意事項はこちら

抜歯をしている様子

抜歯後の消毒

抜歯した翌日に、抜歯した部位の消毒を行います。

抜糸

抜歯後1週間ほどしてから糸を取ります。

花園駅前ハシモトデンタルオフィス スタッフの画像

必ずしも上記の通りに進まないこともありますが、その都度説明いたします。ご不安なことがありましたら何でもご相談ください。

無料ご相談窓口はこちら

親知らずの治療費

初診料+レントゲンを含め、1本の治療の場合 約3,000~7,000円

上記は、保険診療で3割負担の場合の、おおよその治療費です。
実際の治療の際には治療法や重症度などによって、上記とは異なる場合もありますので、担当医もしくは、担当コーディネーターまでご相談ください。

親知らずのよくある質問

抜歯をした後、どれくらい腫れますか?

簡単な上の親知らずの抜歯ですと、通常であれば痛み止めは1日くらいですむのですが、1週間ずっと痛みつづける方が約5%ほどいらっしゃいます。
腫れに関しても、親知らずの位置や患者様の体質によって大きく左右されます。

親知らずを上下同時に抜くことはできますか?

下の親知らずを抜いた場合は、腫れが出ることが多いので左右同時に抜歯すると、食事が食べづらく、身体の負担が大きくなってしまう可能性があります。
抜歯回数を少なくしたいのであれば、1回目で上下抜歯、2回目にその反対側という方法もありますが、それぞれの歯の状態や体調にもよりますので、一概に可能とは言えません。まずは担当医にご相談ください。

埋まっている親知らずなどはどのように抜歯するのですか?

埋まっている状態にもよりますが、基本的には歯茎を少し(5〜10mm程度)切り、埋まっている歯を見えやすい状態にしてから、抜歯を行います。
歯が横に向いてしまっている場合は、歯を削り、小さく分割してから抜歯を行います。最後は傷の治りを良くする為に、しっかり糸で縫います。

治療後の痛みや腫れを軽減させる鍼治療

手の甲側で、親指と人差し指の間にある骨の付け根部分から少し外側に合谷(ごうこく)というツボがあります。歯が痛い時ここを押すと痛みが和らぎます。
あまり知られていませんが、歯科医師でも顎顔面口腔領域を治す目的なら鍼灸治療をしてもいいのです。
鍼灸は、歯科でも大変有用な治療法とされています。

花園駅前ハシモトデンタルオフィスでは、合谷に円皮鍼(えんぴしん)を貼る、鍼灸治療をおこなっています。

円皮鍼を合谷に貼っている画像

円皮鍼とは皮膚に刺す鍼のことで、丸いテープにとても細くて短い鍼がついています。
皮膚に刺してあるだけなので動いても痛みはなく、お風呂に入ったりと、約1週間ほど貼ったままの状態で普段通りの生活をすることが出来ます。
抜歯や神経を取る(抜髄)治療をされた方にはお勧めです。希望された患者様にのみ行っておりますので、お気軽にご相談下さい。
効果については個人差があります)

このページを見た人は、こんなページも見ています

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料ご相談窓口

花園駅前ハシモトデンタルオフィスでは、歯に関するご相談を受け付けております。
担当スタッフがお電話にて誠実にお答えしますので、治療への疑問や、歯のお悩みなど、お気軽にご相談ください。

ご入力頂いた個人情報は、ご返答以外の目的で利用されることはありません。
必要項目を入力し「入力内容を確認する」ボタンを押してください。

お問い合わせ項目
(複数選択可能)
ご相談内容
お名前 必須
例)たなか いちろう
メールアドレス 必須
例)toiawase@hdo.jp(半角英数)

※間違ったメールアドレスをご入力されますと、確認メールが届きませんのでご注意ください

携帯・スマートフォンのアドレスで、迷惑メール対策などの受信制限を行っている場合は「@hdo.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いいたします

電話番号 必須
例)0921231234
電話連絡のご希望時間帯
例)平日の午前中、土曜日の13:00ごろ

診療時間内(月~金曜・日曜・祝日/9:00~18:00、 土曜/9:00~13:00)にお電話させて頂きますので、ご希望の時間をご入力ください