HOME -> 診療のご案内 -> 知覚過敏

知覚過敏

知覚過敏の原因

歯に過度の力が加わると、歯や周囲の組織が加重に耐えられなくなり、歯の表面部分のエナメル質が削れたり割れたりし ます。
そこから象牙質が露出し、象牙質にさまざまな刺激が加わって、象牙細管⇒歯髄神経⇒脳に刺激が伝わって「ズキン!」 といった歯がしみる症状がおこります。

歯の構造図

知覚過敏には以下の原因が考えられます。

歯石

露出した歯根が歯石で汚れていると、歯石の中の細菌が出す酸などの刺激物質でしみる

間違った歯磨き

研磨剤の入った歯磨き粉で歯を強く磨く、あるいは傷付けることにより、エナメル質がすり減ったり、歯茎が下がったりするため、象牙質が露出してしみる

歯ぎしり・食いしばり・噛み合わせ

歯ぎしり、食いしばりは、歯に歪みを生じさせるため、歯茎に近い部分のエナメル質が特に欠けやすく、象牙質が露出してしみる

知覚過敏の治療

知覚過敏の治療で重要なのは、原因をできるだけなくして刺激を伝えにくくすることです。
刺激を遮断するためには、以下のような方法が用いられます。

①歯磨き
軽度な場合は、知覚過敏対応の歯磨き粉で歯磨きをします。
フッ素入りの歯磨き粉でも効果があります。
歯ブラシを毛先が柔らかめのタイプに替え、優しく、小さな動きで丁寧に磨いてください。
②薬を塗る
歯の象牙質にセメント類を塗って刺激を伝えにくくします。
歯磨き治療を合わせると効果が表れます。
③歯の神経を抜く
重症の知覚過敏の場合は、歯の神経を抜きます。

知覚過敏の治療費

1本の治療の場合 約1,500円~3,000円

上記は、保険診療で3割負担の場合の、おおよその治療費です。
実際の治療の際には治療法や重症度などによって上記とは異なる場合もありますので、担当医もしくは担当コーディネーターまでご相談ください。

このページを見た人は、こんなページも見ています

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料ご相談窓口

花園駅前ハシモトデンタルオフィスでは、歯に関するご相談を受け付けております。
担当スタッフがお電話にて誠実にお答えしますので、治療への疑問や、歯のお悩みなど、お気軽にご相談ください。

ご入力頂いた個人情報は、ご返答以外の目的で利用されることはありません。
必要項目を入力し「入力内容を確認する」ボタンを押してください。

お問い合わせ項目
(複数選択可能)
ご相談内容
お名前 必須
例)たなか いちろう
メールアドレス 必須
例)toiawase@hdo.jp(半角英数)

※間違ったメールアドレスをご入力されますと、確認メールが届きませんのでご注意ください

携帯・スマートフォンのアドレスで、迷惑メール対策などの受信制限を行っている場合は「@hdo.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いいたします

電話番号 必須
例)0921231234
電話連絡のご希望時間帯
例)平日の午前中、土曜日の13:00ごろ

診療時間内(月~金曜・日曜・祝日/9:00~18:00、 土曜/9:00~13:00)にお電話させて頂きますので、ご希望の時間をご入力ください