HOME -> 診療のご案内 -> 歯周病(歯槽膿漏)

歯周病(歯槽膿漏)

歯ぐきから血が出るのは歯周病のサイン

虫歯が全くない方でも、歯周病が進行している場合があります。正しい予防法や治療法を理解して、1本でも多くの歯を残すようにしてください。

全身のさまざまなところにに影響を及ぼす歯周病

歯を失う原因の第1位は、歯周病です。
歯周病で歯を失うと、十分に咀嚼(かみ砕き・すりつぶし)ができず、からだ全体に大きな影響が及びます。
最近では、歯周病が全身のさまざまな病気に関わっていることが分かっており、心筋梗塞をはじめとする心臓病、呼吸器疾患、糖尿病、動脈硬化、また早産や流産などとの関連性が指摘されています。

歯周病の治療方法

視診・主訴の確認

まずお口の中の治療状況を見せていただきます。
歯についての痛みや症状をお聞きします。

スタッフが主訴などの確認をしている様子

パノラマ撮影

お口の中全体のレントゲン写真を撮影をします。
歯槽骨(歯を支える顎の骨)が現在どの程度失われているか確認します。
それから、歯周ポケットを測定し、歯周病の進行程度を全ての歯について調べていきます。

歯科医師が説明をしている様子

プラークコントロール

歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を、ご自身で除去して頂くため、ブラッシングの練習を行います。
歯の間など、自分では磨きにくいところや、歯磨きの癖でよく磨けていないところを中心にチェックし、効率よくブラッシングして頂けるよう、歯ブラシだけでなく補助的な清掃道具の指導と練習を行い、身につけて頂きます。

歯科衛生士が歯垢の除去をしている様子

スケーリング(歯石除去)とルートプレーニング

スケーリングとは、歯周病菌の住処となっている歯石を除去することです。
術後しばらくは、歯と歯の間に隙間が出来たり、歯が長くなったように感じるかもしれません。これは、今まで付いていた歯石が取れて良い状態になった証です。
ルートプレーニングとは、歯石を除去した後の根っこをツルツルにすることです。

歯科医師が治療をしている様子

プラークや歯石は、目に見えない根っこの部分にも溜まります。それを特殊な器具で取り除いて表面をツルツルにし、汚れや菌が再び付着することを予防します。
必要があれば、部分麻酔をすることともあります。

メインテナンス

歯周病の治療が終われば、それであとは何もしなくても良いということではありません。一度歯周病になってしまった場合には、再度歯周病になってしまう可能性があります。
再発を防止するために定期的なメンテナンスが重要になってきます。

衛生士がメンテナンスについて患者様に説明をしている様子

お口の中の検査、プロクリーニング、スケーリング、口腔衛生指導、フッ素塗布、必要に応じてその他の検査を行い、健康な口内環境を保ちましょう。

歯周病(歯槽膿漏)の治療費

歯周病・歯槽膿漏の治療は、軽度・中等度・重度と症状によって全く違ってきます。
そしてまた、治療よりも重要なのが、日々の患者様のハミガキと治療後のメンテナンス(定期検診+定期的な歯石取り・お掃除)だと言われています。

以下に、中等度の患者様のある一例をあげますが、これはあくまで一例として、ご参考までにご利用ください。

初回 初診料+歯周組織検査料+スケーリング+レントゲン+その他医学管理料など
約3,000円
2回目 再診料+スケーリング+ブラッシング指導
約800円
3回目 再診料+歯周組織検査料
約1,200円
4回目
以降
お口の歯を6ヶ所に分けて、歯石取りを行います
約1,200円

上記は、保険診療で3割負担の場合の、おおよその治療費です。
実際の治療の際には治療法や重症度などによって、上記とは異なる場合もありますので、担当医もしくは担当コーディネーターまでご相談ください。

花園駅前ハシモトデンタルオフィス スタッフの画像

歯周病によって溶けてしまった骨は、二度と元に戻ることはありません。
歯の定期的なメンテナンスを受けることは、歯周病の再発を早期に発見できたり、維持管理のための意識向上にとても有効的です。
症状がなくても、3ヶ月~半年に1回は自分の歯や骨、歯ぐきの状態をチェックするために、メンテナンスを受けられることをお勧めします。
歯周病は治療後でも、長期に渡って管理することが大切です。

その他の歯周病の治療方法

歯周外科手術

比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りの汚れを取除き、清潔に保つ治療を続けることで治すことが出来ます。
しかし、炎症が歯ぐきの奥にまで進行し、歯槽骨(歯を支える骨)と歯根膜(歯と歯槽骨を結合する筋繊維)の歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科治療)が必要となります。
この治療の際に、手術の効果をより確実にすることを補助するために、最新の治療方法としてエムドゲイン治療とGTR治療があります。

【治療前】

歯茎が下がって、歯の根っこが見えている口腔内の写真

歯茎が下がって、歯の根っこが見えています

*

【治療後】

歯茎で歯の根っこが覆われ、見た目が改善された口腔内の写真

歯茎で歯の根っこが覆われたので、見た目が改善されました

詳しい治療内容はこちら

歯周内科治療

簡単に言うと「お口(歯周病)の除菌治療」です。モニターを用いた顕微鏡検査により、お口の細菌の種類や数などを検査し、その細菌に合うお薬や歯磨き粉を用いてお口の中をきれいに除菌する治療法です。
歯周病が進行していない場合でも、除菌方法を行うことにより、これからの歯周病が進行しにくくなります。

歯周病についてよく頂くご質問

どうして歯が揺れるのですか?

ほとんどは歯周病が原因です。
歯を支えているあごの骨や、歯ぐきが痩せてグラグラしています。

グラグラ揺れる歯には、どのような治療方法があるのですか?

その揺れを止める方法は2つです。かみ合わせの調整(咬合調整)と固定です。

「固定」とはどのような治療を行うのでしょうか?

固定とは、グラグラして揺れている歯を、横の歯とどんどんつなぎ合わせていくことです。つなぎ合わせていくと、歯の揺れが止まってきます。揺れている歯同士をつなぎ合わせることによって、お互いが支え合うようになるのです。
歯の揺れを止めてから、歯周病の治療で最も重要な歯磨き・歯石取りに入ります。
固定をすることによって、しっかりと噛めるようになり、歯の持ちも長くなります。

このページを見た人は、こんなページも見ています

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料ご相談窓口

花園駅前ハシモトデンタルオフィスでは、歯に関するご相談を受け付けております。
担当スタッフがお電話にて誠実にお答えしますので、治療への疑問や、歯のお悩みなど、お気軽にご相談ください。

ご入力頂いた個人情報は、ご返答以外の目的で利用されることはありません。
必要項目を入力し「入力内容を確認する」ボタンを押してください。

お問い合わせ項目
(複数選択可能)
ご相談内容
お名前 必須
例)たなか いちろう
メールアドレス 必須
例)toiawase@hdo.jp(半角英数)

※間違ったメールアドレスをご入力されますと、確認メールが届きませんのでご注意ください

携帯・スマートフォンのアドレスで、迷惑メール対策などの受信制限を行っている場合は「@hdo.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いいたします

電話番号 必須
例)0921231234
電話連絡のご希望時間帯
例)平日の午前中、土曜日の13:00ごろ

診療時間内(月~金曜・日曜・祝日/9:00~18:00、 土曜/9:00~13:00)にお電話させて頂きますので、ご希望の時間をご入力ください