HOME -> 診療のご案内 -> 歯石の除去

歯石の除去

歯石を放っておくと・・

歯石そのものに害や毒はないのですが、表面がザラザラの歯石の上に歯垢が付着し、虫歯や歯周病が引き起こされやすくなります。
ほとんどの方には歯石が付着しており、歯周炎があると言われています。
歯周炎があると、老化やストレスに伴って歯周病へと移行していきます。
虫歯やトラブルが起こってから歯科医院に行く方も多いようですが、歯のトラブルが無くても定期的に歯科医院を受診して歯石を除去してもらうことが大切です。

歯石除去の流れ

検査

出血の有無、歯の揺れ具合、歯周ポケットを測定し、歯周病の進行度合いや歯石の付き具合などを詳しく検査します。

スタッフが問診票を渡している様子

歯石を除去する

方法は大きく分けて2種類あります。

①専用機器で歯石を除去

音波による振動を利用して歯石を取り除く「超音波スケーラー」を使用します。独特の音で、歯石を粉々に粉砕すると同時に、冷却水を噴射し歯石を洗い流します。

歯科衛生士が歯石を除去をしている様子

②手動で歯石を除去

こびりついた歯石を「スケーラー」と呼ばれる、先がとがったカマ形の器具を使い、手動で除去していきます。

メインテナンス

丁寧なブラッシングを続けると、歯肉の腫れ、出血、歯石を除去する痛みも軽減してきます。
フロス(デンタルフロス)や歯間ブラシを使って丁寧に歯垢を取り除きましょう。歯石を取りすぎて歯が削れてしまうことは全くありません。歯と歯茎を定期的にチェックして歯周病を予防しましょう。

歯科衛生士と患者様が話をしている様子

歯石除去の治療費

上の歯、下の歯を2回に分けて掃除した場合の例です。
歯石のついている量によって、全く違ってきます。歯周病と診断された場合は、スケーリングだけでなく、歯茎の下の根っこにこびりついた歯石取り(SRP)が必要になる場合もあります。

初回 初診料+歯周組織検査料+スケーリング+レントゲン+その他医学管理料など
約3,000円
2回目 再診料+スケーリング+ブラッシング指導
約800円

上記は、保険診療で3割負担の場合の、おおよその治療費です。
実際の治療の際には治療法や重症度などによって、上記とは異なる場合もありますので、担当医もしくは担当コーディネーターまでご相談ください。

歯石除去時の痛みが心配な方へ

花園駅前ハシモトデンタルオフィス スタッフの画像

歯周病の進行具合いや、歯石の状態によっては、歯石除去時に痛みがある
場合もあります。麻酔をしてからの歯石除去が可能ですので、痛みに不安のある方はご相談ください。

無料ご相談窓口はこちら

このページを見た人は、こんなページも見ています

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料ご相談窓口

花園駅前ハシモトデンタルオフィスでは、歯に関するご相談を受け付けております。
担当スタッフがお電話にて誠実にお答えしますので、治療への疑問や、歯のお悩みなど、お気軽にご相談ください。

ご入力頂いた個人情報は、ご返答以外の目的で利用されることはありません。
必要項目を入力し「入力内容を確認する」ボタンを押してください。

お問い合わせ項目
(複数選択可能)
ご相談内容
お名前 必須
例)たなか いちろう
メールアドレス 必須
例)toiawase@hdo.jp(半角英数)

※間違ったメールアドレスをご入力されますと、確認メールが届きませんのでご注意ください

携帯・スマートフォンのアドレスで、迷惑メール対策などの受信制限を行っている場合は「@hdo.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いいたします

電話番号 必須
例)0921231234
電話連絡のご希望時間帯
例)平日の午前中、土曜日の13:00ごろ

診療時間内(月~金曜・日曜・祝日/9:00~18:00、 土曜/9:00~13:00)にお電話させて頂きますので、ご希望の時間をご入力ください