HOME -> 麻酔をするための注射が痛い

麻酔をするための注射が痛い

※ロンドン大学客員教授・松本歯科大学教授、笠原浩教授の論文を参考にしています。

① 敏感な組織への刺入
例:骨膜下注射、歯髄内注射(歯の神経への直接の麻酔)、切れない針の使用
② 強圧による組織損傷
例:術者(歯医者)の手が痛くなるような強圧注射
③ 注射液の変質
例:強酸性の注射液(期限切れによる変質)
④ 組織の虚血(後疼痛)
例:歯肉が真っ白になるような浸潤麻酔
⑤ 感染(後疼痛)
例:不潔なポケット付近での歯根膜注射

上記が、麻酔注射の痛みの原因と言われています。このような麻酔は、絶対に避けなければいけません。不安や恐怖感は、痛みを増幅します。
そのため、花園駅前ハシモトデンタルオフィスでは下記を実践しています。

① 患者様との対話と十分な説明
患者様との信頼を得ておくことが、なにより重要と考えております。
② 無用な刺激を避ける
器具などが患者様の目に触れないように気を配り、患者様がリラックスできるような院内づくりを心がけております。
③ 注射前には予告します
「ちょっとチクッとしますよ」などの説明をします。
④ 鎮静法の応用
とくに低濃度の笑気吸入鎮静法が有効です。
⑤ GSL麻酔法
「GSL麻酔法とは、痛くない麻酔の打ち方です。
Gently,Slowly and with Light pressureの頭文字をとったもので「そーっと静かに、ゆっくり、強圧を加えずに」という意味です。

無痛治療ページにもどる

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料ご相談窓口

花園駅前ハシモトデンタルオフィスでは、歯に関するご相談を受け付けております。
担当スタッフがお電話にて誠実にお答えしますので、治療への疑問や、歯のお悩みなど、お気軽にご相談ください。

ご入力頂いた個人情報は、ご返答以外の目的で利用されることはありません。
必要項目を入力し「入力内容を確認する」ボタンを押してください。

お問い合わせ項目
(複数選択可能)
ご相談内容
お名前 必須
例)たなか いちろう
メールアドレス 必須
例)toiawase@hdo.jp(半角英数)

※間違ったメールアドレスをご入力されますと、確認メールが届きませんのでご注意ください

携帯・スマートフォンのアドレスで、迷惑メール対策などの受信制限を行っている場合は「@hdo.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いいたします

電話番号 必須
例)0921231234
電話連絡のご希望時間帯
例)平日の午前中、土曜日の13:00ごろ

診療時間内(月~金曜・日曜・祝日/9:00~18:00、 土曜/9:00~13:00)にお電話させて頂きますので、ご希望の時間をご入力ください