HOME -> 歯の治療中に何度もえづいてしまう

歯の治療中に何度もえづいてしまう

  • のどの奥の方に治療器具や歯ブラシが近づくとえづきやすい
  • 粘土のようなもので型取りをするとえづきやすい

こういった患者様は多数おられます。
これは、嘔吐反射(おうとはんしゃ)という体の反応で、この嘔吐反射を気にして、なかなか歯医者に行けずに苦労している患者様がいらっしゃいます。
中には「自分が悪いので、歯医者に行くと迷惑をかけてしまう」と思われている方もいらっしゃいます。

女性が悩んでいる様子

これは正常な反射で、患者様は悪くないのです。
様々な工夫をすることによって、治療を受けられるようになります。

最も重要なことは、歯科医師・助手の適切な手技です。
歯科医師や助手の器具操作や、手技が悪いとえづきやすくなります。
特にのどの奥をつつくと最悪です。

後は、姿勢も重要です。
仰向けに寝ているとえづきやすいですが、座ってあごを引いていると、えづきにくくなります。
患者様には鼻呼吸をしてもらい、頻繁にうがいをしてもらって休憩することも大切です。
リラックスして頂かないと、えづきやすくなります。

上あごの天井の部分に塩をかけると、えづくのが止まる方もいます。
塩以外に表面麻酔が効く人もいますし、上あごの天井にある大口蓋孔という部分に部分麻酔をすると、劇的にえづきが止まります。

それ以外にも、笑気麻酔静脈内鎮静法・全身麻酔などありますが、これらは準備に時間がかかるため、来院されてすぐには出来ません。
当院には、奥歯のインプラント治療を難なく終了された、えづきやすい患者様が多数おられます。
治療前に「えづきやすい」ことを担当医師やスタッフに伝え、お気軽にご相談ください。

無痛治療ページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料ご相談窓口

花園駅前ハシモトデンタルオフィスでは、歯に関するご相談を受け付けております。
担当スタッフがお電話にて誠実にお答えしますので、治療への疑問や、歯のお悩みなど、お気軽にご相談ください。

ご入力頂いた個人情報は、ご返答以外の目的で利用されることはありません。
必要項目を入力し「入力内容を確認する」ボタンを押してください。

お問い合わせ項目
(複数選択可能)
ご相談内容
お名前 必須
例)たなか いちろう
メールアドレス 必須
例)toiawase@hdo.jp(半角英数)

※間違ったメールアドレスをご入力されますと、確認メールが届きませんのでご注意ください

携帯・スマートフォンのアドレスで、迷惑メール対策などの受信制限を行っている場合は「@hdo.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いいたします

電話番号 必須
例)0921231234
電話連絡のご希望時間帯
例)平日の午前中、土曜日の13:00ごろ

診療時間内(月~金曜・日曜・祝日/9:00~18:00、 土曜/9:00~13:00)にお電話させて頂きますので、ご希望の時間をご入力ください