HOME -> 教えて先生!Q&A -> 歯周病についてのQ&A

歯周病についてのQ&A

歯周病とは?

歯ぐきから膿が出る病気のことで、以前は歯槽膿漏と呼ばれていました。
酷くなると、歯ぐきの下の歯を支えてる顎の骨が溶けて、歯がグラグラ揺れてきます。そのまま放っておくと、自然に歯が抜けることもあります。

歯周ポケットって何ですか?

歯と歯茎の間の溝が歯周病によって深く広がったものをいいます。
歯肉は健康な状態では溝程度の深さで、歯と歯肉がピッタリと密着しています。
歯肉溝は、歯垢が溜まりやすい場所です。歯垢の中の細菌が歯茎に炎症を起こすと、くっつ いた歯と歯茎が腫れて歯肉溝は深く広がっていくため、まるでポケットのような袋状の空間が出来上がります。 これを歯周ポケットと呼んでいます。
歯周ポケットができると更に歯垢がたまりやすくなり、歯周病が進行してしまいますので、早めに歯科を受診して歯垢や歯石を除去してもらうことが大切です。

歯周病の原因は?

口の中にいる細菌の塊、プラーク(歯垢)と呼ばれているものです。
このプラークは、歯を支えている骨を溶かしてしまう毒素を出し、歯周病の最大原因と言われています。
また、歯周病の直接的原因ではありませんが、歯石もプラークの付着をしやすくして歯周病を悪化させます。

歯周病の予防はどうしたらよいのでしょうか?

まずは、歯垢がたまらないように正しい歯ブラシの方法を覚えることが一番です。
正しく磨いているつもりでも、苦手な部分や自分では磨きにくい部分がありますので、定期的に歯医者さんに行って正しく歯ブラシが行われているのかチェックを受けることが重要です。
磨きにくい部分の専門的な清掃、そして口の中の良い環境をつくるために歯石除去を行ってもらうと良いでしょう。

たばこは歯周病に関係があるのでしょうか?

喫煙は、歯の周りの組織の病原菌に対する抵抗力を低下させ、歯周病にかかりやすくしたり、症状をより重くしたりします。
また、治療によって生じた傷口の治り具合を悪くしますので、歯周病の予防や治療には禁煙や節煙が大切になります。

歯周病と全身疾患の関係は?

歯周病は色々な全身疾患の原因となります。
近年、歯周病が、糖尿病、心臓・血管系疾患、早産・低体重児出産肺炎など全身的な病気の進行に影響を与えていることが分かってきました。
歯周病菌が、心臓疾患や糖尿病などの全身疾患を悪化させるなど、全身の健康への影響にも関係します。
また、重度の歯周病のある人ほど、動脈硬化による心臓疾患が多くなります。心臓の筋肉に血液を送る冠動脈の動脈硬化が起きている場所で、歯周病菌が見つかったりすることがあります。
歯周病の予防には歯磨きが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料ご相談窓口

花園駅前ハシモトデンタルオフィスでは、歯に関するご相談を受け付けております。
担当スタッフがお電話にて誠実にお答えしますので、治療への疑問や、歯のお悩みなど、お気軽にご相談ください。

ご入力頂いた個人情報は、ご返答以外の目的で利用されることはありません。
必要項目を入力し「入力内容を確認する」ボタンを押してください。

お問い合わせ項目
(複数選択可能)
ご相談内容
お名前 必須
例)たなか いちろう
メールアドレス 必須
例)toiawase@hdo.jp(半角英数)

※間違ったメールアドレスをご入力されますと、確認メールが届きませんのでご注意ください

携帯・スマートフォンのアドレスで、迷惑メール対策などの受信制限を行っている場合は「@hdo.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いいたします

電話番号 必須
例)0921231234
電話連絡のご希望時間帯
例)平日の午前中、土曜日の13:00ごろ

診療時間内(月~金曜・日曜・祝日/9:00~18:00、 土曜/9:00~13:00)にお電話させて頂きますので、ご希望の時間をご入力ください