HOME -> 教えて先生!Q&A -> インプラントについてのQ&A

インプラントについてのQ&A

インプラント治療って何ですか?

歯が無くなった場所に人工の歯根を植え、その上に人工の歯を被せる治療方法です。
歯が無くなったところにインプラント(人工歯根)を、顎の骨の中に植え込んで、固定されるまで数ヵ月待ち、インプラントと顎の骨がしっかりと固定されたら、その上に被せ物を装着して終了となります。
詳しくは「インプラントとは」のページをご参照下さい。

インプラントは、自分の歯と同じように噛めますか?

インプラントは顎の骨と結合するため、自分の歯と同じように咬むことができます。

インプラントの治療は痛いですか?

当医院でのインプラント治療は、麻酔をしてから手術をするので、ほとんど痛み感じることはありません。
麻酔は、歯科麻酔医による「静脈内鎮静法」で行います。
全身麻酔と違って、患者様の意識は保たれたままで、うたた寝をしているような、穏やかでリラックスした状態になり、いつの間にか治療が終わっていたという感覚になります。

インプラントの材質って何ですか?

現在使用されているものの多くは、純チタン又はチタン合金が中心です。
骨との結合を良くするために表面が加工・処理されているものもあります。

インプラントの構造について教えて下さい。

インプラントとは、下記の3つのパーツで構成されています。
中にはインプラントと上部構造の2パーツだけのインプラントもあります。)

  • 上部構造(人工の歯で、セラミックを用いることが多いです)
  • アバットメント(連結部分)
  • インプラント(骨に埋め込むチタン製の根っこ)

インプラントの構造図

ブリッジは、健康な歯を削る必要があるので、土台の歯の寿命が短くなりますし、入れ歯は違和感が強くて、自分の歯と同じようにものを食べることは出来ないことがよくあります。
その点インプラントは、他の歯を削らずに自分の歯と同じように物が食べられるので、現在では最も優れている治療法だと考えられています。

インプラントの治療期間はどれくらいですか?

約3ヶ月~1年です。
インプラント体(人工の根っこ)が骨としっかり結合するまで、約2~6ヶ月程かかります。骨を造る治療が必要となった場合には、さらに半年以上かかることがあります。

インプラント治療後、歯の手入れはしなくて良いのですか?

インプラントの持ちの長さは、お手入れの状態で決まります。
歯ブラシと補助的な清掃用具(歯間ブラシ・フロスなど)を使用して、毎日のお掃除をしていただく必要があります。
必ず定期検診を受け、定期的な歯科医院でのお掃除を受けることが大切です。

食べ物の詰まりがひどいブリッジから、インプラントにすることは可能でしょうか?

可能です。インプラントをすることで食べ物が詰まりにくくなり、ブリッジの支えになっている歯への負担も軽くなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料ご相談窓口

花園駅前ハシモトデンタルオフィスでは、歯に関するご相談を受け付けております。
担当スタッフがお電話にて誠実にお答えしますので、治療への疑問や、歯のお悩みなど、お気軽にご相談ください。

ご入力頂いた個人情報は、ご返答以外の目的で利用されることはありません。
必要項目を入力し「入力内容を確認する」ボタンを押してください。

お問い合わせ項目
(複数選択可能)
ご相談内容
お名前 必須
例)たなか いちろう
メールアドレス 必須
例)toiawase@hdo.jp(半角英数)

※間違ったメールアドレスをご入力されますと、確認メールが届きませんのでご注意ください

携帯・スマートフォンのアドレスで、迷惑メール対策などの受信制限を行っている場合は「@hdo.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いいたします

電話番号 必須
例)0921231234
電話連絡のご希望時間帯
例)平日の午前中、土曜日の13:00ごろ

診療時間内(月~金曜・日曜・祝日/9:00~18:00、 土曜/9:00~13:00)にお電話させて頂きますので、ご希望の時間をご入力ください