HOME -> スタッフ勉強会・研修 -> 第3回SAFE「トラブル症例は真実を語る!」シンポジウムに参加

第3回SAFE「トラブル症例は真実を語る!」シンポジウムに参加

第3回SAFEシンポジウムに参加したスタッフの集合写真

2015年3月21、22日に大阪府豊中市の千里ライフサイエンスセンターで、第3回SAFEシンポジウムが行われました。「トラブル症例は真実を語る! ―スペシャリストからの提言―」をテーマに、450名以上の参加者が大阪に集結しました。

SAFEとは

近年のインプラント治療のトラブルは社会問題にまで発展しており、トラブルの原因とリカバリー(不調を回復させる治療)の検証をすることが急務と考えられます。
しかし、インプラント治療は生体の反応を利用しているため、トラブルの原因には不明な点も多く、補綴学、歯周病学あるいは口腔外科学など様々な方面から原因を解明する必要があります。インプラントのメーカーなどの垣根を越え、トラブル症例を検証する会として発足した会がSAFEです。

シンポジウムに参加した歯科医師、衛生士の感想

橋本理事長

今回は歯科医師だけではなく衛生士、技工士と共に同じ学会に参加し、同じ講義を聞いたことに価値がありました。
歯科治療は、年々専門化が進んでいます。歯科医師も、昔の歯医者ではなく歯周病専門医、インプラント専門医、矯正専門医など...細分化されています。
もちろん、より高度な技術のためには細分化、専門化は必要です。
しかし、その弊害として自分の専門外に関して知識が不足したり、お互いの立場が尊重できずに理解不足に陥る場合があります。
そういった問題の解決として、院内の種々の職種が一同に会し、同じ講義で学び、ディスカッションすることは、より良い医療の構築のために極めて重要です。
このような学びの機会を与えて下さった皆様に、感謝します。

歯科医師の画像

院長 鈴木 博尚

たくさんの先生方のインプラント治療における失敗症例、そしてどうリカバーしたかの症例を見せて頂き、とても勉強会になりました。今後の診療に活かせればと思います。

花園分院長の画像

歯科博士 山田 高久

天然歯の底力、天然歯とインプラントへのアプローチ、チーム医療について等、再認識することの多い有意義なセミナーとなりました。今後も患者様に、より質の高い医療を提供できるよう心掛けます。

歯科医師の画像

歯科医師

歯科医師の処置は、患者様の歯が一本でも多く長期的に保つことのできる処置をすべきであること、 医療はチームで成り立ち、コミュニケーションを十分に取ることでチームワークが良くなり、患者様により良い医療を提供できると再認識しました。

歯科医師

このSAFEは、全国各地の著名な先生方が「過去にこういった失敗をし、このようにしてリカバリーした」という症例を持ち寄ってディスカッションする一風変わった会でした。
インプラント関連のお話が多かった中、法律に関するお話や、海外でのトラブル事例は自分にはかなり新鮮で、語弊がありますが、面白く聞けました。
また、今現在僕は補綴(被せ物)のセミナーを受講させて頂いているのですが、このSAFEで差し歯の一部のコアと呼ばれる土台についてお話をされている先生がおられ、そのお話は大変勉強になり明日の診療にでもすぐに実践できる素晴らしいものでした。
衛生士や技工士サイドから見た臨床のお話も聞くことができ、歯科治療は歯科医が中心となり行うものではなく「患者樣」、「衛生士」、「技工士」、そして「歯科医師」の4人でコミュニケーションを取り合って行う「チーム医療」であると改めて認識しました。
今回のお話から学んだことを日々の診療に活かし、患者様の歯の健康を取り戻すことが出来れば、僕にとってこれ以上の幸せはありません。

衛生士

普段目にすることのない症例は、とても勉強になりました。
そして、患者様一人ひとりの口腔内をよく観察し変化を追っていくこと、口腔衛生環境を整えることの重要性を再認識できました。
これからも様々な知識を深め、診療に役立てていきたいです。

歯科技工士の画像

衛生技工士

コンセプトは失敗症例から学ぶということで、本当は見せたくない自分の失敗を受講生に公開し、こうならないように、また、なってしまった場合はこう対応する、といった貴重な自身の症例を発表してくださり、大変勉強になりました。
そして、より良い治療を患者様に提供するには、歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士がしっかりコミュニケーションをとることが重要であることも改めて教えて頂きました。
これからも、患者様に良い補綴物を提供出来るように努めていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加