HOME -> 麻酔が効きにくい体質だと言われた

麻酔が効きにくい体質だと言われた

花園駅前ハシモトデンタルオフィスには、無痛治療を希望されて来られる患者様の中で「私、麻酔が効かないのです」と言って来院される患者様が多いです。

話を伺うと、
「前の歯医者で、麻酔が全然効かず『あなたは麻酔が効かない体質です。』と先生から説明を受けました。」と言われる方が多いです。
僕の経験なのですが、そういった患者様の8割は麻酔が効きます。

今まで多くの歯科医師を指導してきた経験から推測すると
麻酔が効かない歯医者は、打つ場所を間違えていることがほとんどです。
正しい場所に打てば、かなり効きます。

残りの2割は体質なのか?僕が麻酔をしても効きにくいことがあります。
そういった方にも神経をブロックする麻酔をしたりして、なんとか工夫をして効かせています。

麻酔が効きにくい理由とは?

  • 炎症(痛み)が強ければ、組織が酸性になり、麻酔は効きにくくなります
  • 下の奥歯は周りの骨が固いため、麻酔液が浸潤しにくく、麻酔が効きにくい時があります
  • 膿が溜まっていたりすると、麻酔が効きにくくなります

また、興奮や緊張していても効きにくくなります。
大量のお酒やカフェインなども、麻酔の効きが悪くなるそうです。

体質的に、麻酔が効きにくい方はいらっしゃいます。
そのような方でも麻酔の量を増やすことで、基本的に麻酔は効きます。
局所麻酔薬は使える量に限りがありますから、効くまで追加はできないこともあります。

疼痛閾値(とうつういきち)の上昇

歯科治療中に、麻酔が効かなくなる事例について説明します。

歯医者に行って麻酔をしてもらって治療を始めたが、途中で麻酔が効かなくなり、
「痛くてウッ!となった・・・。」
そこで少し麻酔を追加してもらったが、また途中で、
「痛くてウッ!となった・・・。」
そこで麻酔を追加して・・・・・・

実は、この何度も『治療中に痛みを感じる』『痛いのに続ける』
これを繰り返していくと、だんだん麻酔が効きにくくなります。
難しい言葉ですが、これを『疼痛閾値の上昇』といいます。

歯科治療中に何度も痛い思いをすると、そのたびに少しの痛みに対して過敏になってしまい、その日はどんどん麻酔が効かなくなるということです。

ハシモトデンタルオフィスでは、その対処法として、できるだけ痛みを与えず、最初の麻酔をかなり効かせ、どうしてもダメな場合はその日の治療をやめるようにしています。

無痛治療ページにもどる

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料ご相談窓口

花園駅前ハシモトデンタルオフィスでは、歯に関するご相談を受け付けております。
担当スタッフがお電話にて誠実にお答えしますので、治療への疑問や、歯のお悩みなど、お気軽にご相談ください。

ご入力頂いた個人情報は、ご返答以外の目的で利用されることはありません。
必要項目を入力し「入力内容を確認する」ボタンを押してください。

お問い合わせ項目
(複数選択可能)
ご相談内容
お名前 必須
例)たなか いちろう
メールアドレス 必須
例)toiawase@hdo.jp(半角英数)

※間違ったメールアドレスをご入力されますと、確認メールが届きませんのでご注意ください

携帯・スマートフォンのアドレスで、迷惑メール対策などの受信制限を行っている場合は「@hdo.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いいたします

電話番号 必須
例)0921231234
電話連絡のご希望時間帯
例)平日の午前中、土曜日の13:00ごろ

診療時間内(月~金曜・日曜・祝日/9:00~18:00、 土曜/9:00~13:00)にお電話させて頂きますので、ご希望の時間をご入力ください