HOME -> インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

最終的な歯が入るまでの平均的な治療期間は、下あごだと3~4ヶ月、上あごで5~6ヶ月です。
上あごは下あごに比べて骨が柔らかいので、少し時間がかかります。

インプラントを埋め込む部分に十分な骨がない場合は、骨を造る手術(骨の再生治療)が
必要になります。

下記のインプラント治療の流れは、基本的な2回法という手術の流れです。
治療の流れは状況により、変わる事があります。

カウンセリング

プライバシーに配慮した個室のカウンセリングルームで、インプラント治療とはどういうものなのかなど、専門知識豊かな専門コーディネーターが、説明いたします。
今更誰にも聞けないようなことから、専門的なことまで、遠慮なくご質問ください。

コーディネーターがカウンセリングをしている様子

検査

インプラント治療に必要な各種検査を行います。
お口の状態、現在の健康状態や、これまでかかった病気などを検査確認し、口腔内写真、レントゲンの撮影を行います。

スタッフがレントゲン撮影をしている様子

治療計画立案

撮影したレントゲンや口腔内を確認した上で、
インプラントの本数、治療にかかる期間、費用などについて計画を立てます。
失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療にも さまざまな選択肢があります。
補綴処置(被せ物を入れる治療)や、骨の再生治療

歯科医師が治療計画を立てて説明をしている様子

の有無によっても、治療計画は異なってきます。
患者様にとって、最良の治療計画を立てさせていただきます。

前処置

手術を行う前に、まずはお口の中の環境を整えます。これは非常に大切な処置で、インプラント手術の成功の鍵になります。
インプラントを埋入した部分の骨が歯周病に感染してしまったら、インプラントが抜け落ちてしまう危険があるからです。
具体的には、残すことができない歯を抜いたり、

歯科医師が治療を行っている様子

歯周病の治療虫歯の治療、かみ合わせの治療、仮歯の作成を行います。

検査の結果、インプラントを埋入する部分の歯槽骨が不足している場合は、
治療の方法によっても変わりますが、骨の再生治療をこの段階で行う場合があります。

一次手術

あごの骨にインプラントを埋め込む手術を行います。歯科麻酔医の点滴による静脈内鎮静法で、穏やかでリラックスした状態で手術を受けることができます。
インプラント1本の手術の場合、約1時間程度で終了します。

今までお使いだった入れ歯を少し作り直したり、専用の仮歯をつけることができるので、治療中に歯がない状態になることはありません。

一次手術・あごの骨にインプラントを埋め込み、キャップで覆います

キューピー やさしい献立

忠岡駅前ハシモトデンタルオフィスでは、
食料品メーカーと提携し、一次手術が
終わった患者様に、3回分の流動食を無料で
プレゼントさせて頂いております。

抜糸

一次手術後、約1~2週間ほどで抜糸をし、手術部位の治り具合を確認します。

治癒期間

個人差がありますが、 一次手術から3~6ヶ月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が結合します。下あごで約3ヶ月、上あごで約4~6ヶ月ほどです。

一次手術後は、3週間~1ヶ月に1回の割合で手術部位・口腔内等の検診を行います。

一次手術後の治癒期間

二次手術

骨とインプラントの結合が確認できたら、歯ぐきを切開し、埋まっているインプラントの頭部を露出させ、キャップを外します。
仮歯や上部構造(人工歯冠)と、インプラントをつなげる役目のアバットメント(連結部分)を装着します。
この状態で歯ぐきが治るまで、1~6週間おきます。

二次手術・インプラントの頭部を露出させ、アバットメントを装着します

抜糸

二次手術後、約1~2週間ほどで抜糸をし、手術部位の治り具合を確認します。

上部構造(人工歯冠)を装着

歯ぐきが治った時点で型取りをして、形や色など患者様に合わせて作製した上部構造を、アバットメントの上に取り付けます。

アバットメントの上に上部構造を取り付けます

オリジナル「インプラントお手入れセット」

ハシモトデンタルオフィスでは、
上部構造の装着が終わった患者様に、当院オリジナルの「インプラントお手入れセット」をプレゼントしております。

メンテナンスと定期検診

インプラントを長持ちさせるには、他の自分の歯と同じようにお手入れをし、口の中を衛生的に保つ必要があります。

インプラントは、天然歯よりも口の中の細菌による感染に弱いので、 半年に1回程度の定期検診で、ブラッシングの方法などについて適切な指導を受け、インプラントや上部構造、噛み合わせの状態を確認をしてください。

衛生士によるメンテナンスを受けている様子

インプラント治療直後の注意事項

止血

手術当日は、安静に過ごし、うがいをしないで下さい。
うがいを頻繁にしますといつまでも血がとまらないばかりか、痛みや治癒を悪くする
原因となります。
普通1日くらいは唾液に血が混ざりますが、出血が多い時は清潔なガーゼか、脱脂綿を
丸めて傷口にあて、20分くらい噛んで下さい。
それでも流れる程度の出血がある場合には、ご連絡下さい。

痛み・薬

手術直後に鎮痛剤を飲んでいただきますが、その後痛みが出るようでしたら
鎮痛剤を服用して下さい。(ただし、4時間以上の間隔を空けてください。)

また、痛みがなくても鎮痛剤以外の処方された薬は、体に変調(腹痛・下痢・湿疹など)が
ない限り、指示通りご服用下さい。
抗生物質は歯科医師の指示通り飲むようにして下さい。

食事

食事は麻酔がさめてから、熱い物、冷たい物、辛い物などの刺激物は避け、
なるべく軟らかい物を食べるようにしましょう。
できるだけ、治療した歯で噛まないようにしてください。

キユーピー やさしい献立

インプラント後の患者様に流動食を無料でプレゼント

ハシモトデンタルオフィスでは、食料品メーカーと提携して、インプラント後の患者様に流動食(介護食・離乳食)を無料でプレゼントしております。

「えっ!流動食ってまずいよね!」と思われているあなた、最近の流動食って結構おいしいです。
(びっくりしますよ!)

腫れ・内出血班

顔の腫れや内出血班(青アザ)が、人によっては出ることがありますが、
内出血は数日で自然に消えていきますので、心配いりません。
腫れは術後から2〜3日がピークになりますので、冷たいタオルなどで冷やしてください。

連続して冷やしすぎてもよくないため、20分ほど時間を空けてください。
また、氷などの極端に冷たい湿布も、かえって治癒を悪くしますので避けて下さい。)

その他注意事項

① お風呂は軽く流す程度か、シャワーにして下さい。
② 飲酒・喫煙はできることなら2週間は控えて下さい。
③ 手術後より2〜3日は過激な運動は避けて下さい。
④ 処置した所を指や舌でさわらないで下さい。
⑤ 傷口に強い力をかけないで下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

無料ご相談窓口

花園駅前ハシモトデンタルオフィスでは、歯に関するご相談を受け付けております。
担当スタッフがお電話にて誠実にお答えしますので、治療への疑問や、歯のお悩みなど、お気軽にご相談ください。

ご入力頂いた個人情報は、ご返答以外の目的で利用されることはありません。
必要項目を入力し「入力内容を確認する」ボタンを押してください。

お問い合わせ項目
(複数選択可能)
ご相談内容
お名前 必須
例)たなか いちろう
メールアドレス 必須
例)toiawase@hdo.jp(半角英数)

※間違ったメールアドレスをご入力されますと、確認メールが届きませんのでご注意ください

携帯・スマートフォンのアドレスで、迷惑メール対策などの受信制限を行っている場合は「@hdo.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いいたします

電話番号 必須
例)0921231234
電話連絡のご希望時間帯
例)平日の午前中、土曜日の13:00ごろ

診療時間内(月~金曜・日曜・祝日/9:00~18:00、 土曜/9:00~13:00)にお電話させて頂きますので、ご希望の時間をご入力ください